Windows インストールトラブル

極まれに、アプリケーションをインストール後、フォルダを右クリックする度に、そのアプリケーションのWindowsインストーラーが、起動しまくるというかなり鬱陶しいトラブルが発生していました。

いつもは、何度か再インストールを繰り返す事で回避していたのですが、今回はどうも上手く行かない。

・・・やっと回避策が見つかりました。

以下その文章を流用です。
———————————–

Windowsインストーラを使用してアプリケーションをインストールすると、レジストリにアプリケーションのインストール情報が書き込まれるとともに、%SystemRoot%Installerという隠しフォルダ内に、Windowsインストーラ・パッケージや、Windowsインストーラ修正パッケージが保存される。インストール・エラーは、何らかの理由で、これらの隠しファイルとレジストリ情報の整合性が破壊された場合に発生する。状況によって異なるが、エラーが発生した場合に表示されるエラー・メッセージは次のようなものだ。

パッチパッケージが開けません。
この修正プログラム パッケージを開くことができませんでした。アプリケーション ベンダに問い合わせ、Windows インストーラの修正プログラム パッケージが有効であることを確認してください。
Office のアップデートは必要な更新プログラムを確認できません。

 そうそう発生する問題ではないと思われるが、ひとたび起こると、修正プログラムの適用やアプリケーションのインストールが不可能になるため影響が大きい。

 このためマイクロソフトは、Windowsインストーラの不整合な状態を解消し、インストールを可能にするためのツール(Windows Installer Clean Up)を無償公開している。
———————–

この、Windows Installer Clean Up をインストールし、該当アプリケーションのインストール情報を削除することで、すんなり解決!!

すっきりした。